設立趣旨

オペレーションズ・マネジメントは、製品開発、調達、生産、流通、販売等におけるオペレーションの効果的、効率的な設計と運用を通じて、企業の競争力を向上させ、環境を保全し、社会へ貢献することを旨とする。JITあるいはTQMに代表される日本的生産方式は既に世界に広く普及し、その基礎概念は昇華され、オペレーションズ・マネジメントという包括的な研究・教育分野が確立されている。本学会は、日本におけるオペレーションズ・マネジメントの研究・教育の中核となり、日本が再び21世紀のものづくりに貢献できるように、生産に関わる要素技術の学際的研究、グローバルな視点でのオペレーションに関わる意思決定の研究を推進し、製造業経営の要諦の体系化を目指す。また、サプライチェーン・マネジメント、サービス・サイエンス等のオペレーションに関わる諸分野の研究を推進し、日本発の「ものづくり新論」というべき統合的な理論構築のための学術の確立を目指す。

学会の目的

オペレーションズ・マネジメント&ストラテジー学会(JOMSA)は、オペレーション戦略を含むオペレーションズ・マネジメントにかかわる研究・教育と実践に関連する情報交換を図り、特に、海外のPOMS、EurOMA、アジア諸国のオペレーションズ・マネジメント関連学会との連携を促進することにより、国内のみならずグローバルなレベルで、世界の学術と産業の進歩発展に寄与することを目的とする。

発起人代表

森田 道也 (学習院大学 教授)
天坂 格郎 (青山学院大学 教授)
松井 美樹(横浜国立大学 教授)
松尾 博文 (神戸大学 教授)


学会役員一覧

2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度


【会員規約】